製品の要となる基材、豊かな経験で最適な製品をご提供します。王子タック株式会社 代表取締役社長 浜田 弘介

王子タックのWebサイトをご覧頂き有難うございます。
当社は粘着製品全般を手がける総合加工メーカーとして、紙基材製品のトップメーカーである実績と長年培った粘着加工技術のノウハウをベースに、お客様のご要望を迅速・的確に捉えた、提案型の粘着製品をご提供しております。
また企業体制としては王子グループ機能材カンパニーの一員として機能材事業の中核的な役割を担っています。

当社が取り扱うのは、ラベル・テープなどに代表される粘着製品ですが、工程的には、最終用途に合わせたラベル印刷・加工が施される前の、いわゆる粘着資材と呼ばれる製品であり、直接皆様のお手元に届くものではないので、王子タックと一般市場で見かける粘着ラベルとの結びつきが薄く感じられるかも知れません。
しかし、スーパーの生鮮食品用ラベル、宅急便の配送ラベルなど、当社製品はいつも皆様の身近に存在して、社会生活における物や情報の流れを円滑化する重要な役割を担っています。

現在、粘着製品の市場はある程度の成熟傾向にありますが昨今の情報技術の革新、環境への意識向上など、時代的な要求を背景にした新たなニーズが生まれつつあり、私自身はこの現状を新たなフィールドの開拓に向けた好機だと捉えています。

当社ではタック製品事業、テープ製品事業、加工品事業の主要3事業全てを通じて、社会環境、市場動向に沿った新製品の提案、また、お客様のご要望への的確で迅速な対応を図るために「開発部」という新製品開発部門を設けており、お客様の課題の解決(開発)をよりスピーディーに進める体制としています。
さらに機能材カンパニーが目指す研究開発型ビジネスの構築を視野に王子グループ各社が持つ革新的な技術と当社技術との積極的な連携も推進し、粘着加工技術の新たな可能性を拓く体制づくりを進めています。

生産面においても、お客様に私どもの製品を常に安心してご選択いただく為に、天災・事故などの不測の事態においても、製品を安定してお届けできる生産体制の確立に加え、生産工場におけるISO(品質、環境)の取得、目的・目標などの進捗状況を見える形にし、効率UPや体質改善に繋げ各スタッフが厳格な品質・環境基準を遵守し、より一層、品質、安全性を高めていくことで、王子タックという企業が想定する、お客様から従業員までを含めた全てのステークホルダーに対して確実に責任を果たせるよう邁進していく所存です。

当社が目指すのは常に「お客様の満足」であり、ひいては「社会への貢献」です。
第一にお客様のご要望を高いレベルで満たすこと、そしてその結果として自社製品が社会に浸透し、よりよい社会への貢献に繋がることを常に意識し、自らが持つ粘着加工技術及び生産環境のさらなる研鑽と王子グループの充実したバックグラウンドとを柔軟に融合させてゆく事で、より高品質な製品、迅速な開発(解決)をご提供してゆきたいと考えています。

皆様のビジネスチャンスを拡げる情報源として、また当社及び粘着製品に関するご相談など、コミュニケーションサイトとして、当サイトをご活用頂ければ幸いです。

浜田 弘介

ページトップへ