機能紹介

表面基材、粘着剤には耐熱性の高い素材を使用し、高温環境下での熱による変形・収縮を防止します。
表面基材にはコーティングを施したポリエステルフィルム、粘着剤に特殊アクリル系粘着剤を使用し、60~100℃程度の高温環境下でも良好な粘着性能を発揮します。国際規格であるUL規格の耐熱基準に準拠した製品を中心に、高温環境下にさらされる工業用銘板ラベルなど、さまざまな用途に利用されています。

主に使用されている製品

PETタック

ポリエチレンテレフタレートを原料とするフィルムです。強靭で腰があること、使用できる温度範囲が広いことから、フィルム市場で最も多く使われています。

感熱タック

ダイレクトサーマル方式に適応する表面基材を用いた製品です。高白色度、高感度、高耐熱、高光沢、さらに耐候性や保存性に優れた製品もご用意しています。

ユポタック®

ポリプロピレンをベースにした合成紙「ユポ®」を表面基材に使用ました。紙に似た外観、筆記・印字適性、高い耐水性・耐久性を兼ね備えています。

銘柄の仕様の見方

より製品を分かりやすくご理解いただくために、各製品に設定されている固有品番(銘柄)の見方、製品に使用されている各基材のタイプ、特徴、また製品のご使用上のご注意をご案内しています。

  • 表面基材
  • 粘着剤
  • 剥離シート

ページトップへ