利用分野紹介

食品分野では使用される環境に合わせ、非常に多岐に渡る機能特性が求められます。生鮮食品の内容物の情報を正確に表示・伝達する優れた印字性能から、冷凍・冷蔵食品用の低温適性、耐水性、レトルト食品等の熱湯煮沸、電子レンジ等に対応する耐熱性、包装形態にしっかりとフィットする曲面貼付性など、さまざまな使用環境に対応できる幅広い機能特性を持った製品をラインナップしています。

食品分野のポイント

主に使用されている製品

キャストコート紙タック

光沢感の高いキャストコート紙を表面基材に使用した製品です。表面が鏡のような光沢を有することからミラーコートとも呼ばれています。

ユポタック®

ポリプロピレンをベースにした合成紙「ユポ®」を表面基材に使用ました。紙に似た外観、筆記・印字適性、高い耐水性・耐久性を兼ね備えています。

感熱タック

ダイレクトサーマル方式に適応する表面基材を用いた製品です。高白色度、高感度、高耐熱、高光沢、さらに耐候性や保存性に優れた製品もご用意しています。

銘柄の仕様の見方

より製品を分かりやすくご理解いただくために、各製品に設定されている固有品番(銘柄)の見方、製品に使用されている各基材のタイプ、特徴、また製品のご使用上のご注意をご案内しています。

  • 表面基材
  • 粘着剤
  • 剥離シート

ページトップへ