利用分野紹介

医薬品は慎重な取扱いが必要となるため、表示のズレや印刷潰れ、長期保存時の劣化などを防止する高い印字性能と保存性能が求められます。加えて、運搬時のこすれによる劣化などを防止する耐擦過性も重視されるなど、非常に高い精度が求められます。病院や一般家庭で使用される薬瓶、試験管、薬液用バッグなど、医療用品全般で幅広く使用されています。

医療分野のポイント

主に使用されている製品

OPPタック

透明性・光沢・耐薬品性・耐熱性の高いポリプロピレンを原料とするフィルムです。従来品を改良し、PET製品と同等の印刷品質を実現しました。

上質紙タック

木材パルプを主成分とする上質紙を表面基材とした紙タックです。表面の平滑性を高めることで、優れた印刷効果を発揮します。

PETタック

ポリエチレンテレフタレートを原料とするフィルムです。強靭で腰があること、使用できる温度範囲が広いことから、フィルム市場で最も多く使われています。

銘柄の仕様の見方

より製品を分かりやすくご理解いただくために、各製品に設定されている固有品番(銘柄)の見方、製品に使用されている各基材のタイプ、特徴、また製品のご使用上のご注意をご案内しています。

  • 表面基材
  • 粘着剤
  • 剥離シート

ページトップへ